結婚ギフトのお返しについて半返しが日本の風習では基本と聞きましたがなぜ半返しをしないといけないんですか?だ…

結婚ギフトのお返しについて半返しが日本の風習では基本と聞きましたがなぜ半返しをしないといけないんですか?だったら半分の金額でお返しなしにしたいです。面倒です。

なにを根拠にそういうきまりになったのかわかるかた教えてください。

お祝いのお返しは、結婚ギフトに限らず内祝いと言います。金額は半返しに限りませんが、内祝いをする事には意味があります。内祝いは本来はお返しではなく、文字通り「身内のお祝い」のお披露目の意味がありました。このようなお祝いができるようになった事への感謝とお披露目を内祝いにしました。それが今は戴いたお祝いへのお返しになっていますが、今でもご近所へご挨拶に行く場合は、お祝いを戴いていなくても内祝いとしてお渡しします。また、内祝いには幸せのお裾分けの意味もあります。

ですから、お祝いを戴いて内祝いをしないのは失礼な事になりますし、逆に「内祝いは不要」と言ってお祝いをする事も失礼になります。それは「あなたの幸せのお裾分けはいらない」「あなたの結婚相手の名前(出産の内祝いなら子供の名前)なんて知りたくない」という意味になりますので。「片祝い」と言って縁起が悪いともされます。金額に関しては半返しが一般的ですが、身内や目上の方からの高額なお祝いに対しては3分の1だったり、金額にこだわらない内祝いにします。内祝いは面倒な事かもしれませんが、「お祝いを戴くのは当たり前の事ではない事」「お祝いされる事への感謝」「お披露目と今後のお付き合いへのお願い」という事を考えると、いたって自然な事なのではないかと思います。何が根拠というのはわかりませんが、人間は社会性の動物ですから、上に書いたような意味を込めてお互いにお祝いをやり取りする事により、絆を深めてきたのではないでしょうか。

結婚ギフトの関連Q&A

結婚祝いのおすすめ(名入れギフト)

あわせて読みたい